プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

木との戦い

木を焼く

木を焼く

 私にとって木を焼くのは、燃やすのではなく木と対話して火で描くこと。節のある木を焼くのは木が生きていると実感する。油が出て、かすかな音がします‥‥。

 軽く焼いた木には少し色を付けた初々しさを感じさせられ、カタチが変わる程焼いた木は焼いた過程を思わざるを得ないようになります。焼いた木は磨き込まないと黒い色が付くから、気長にやさしく磨く。磨くと木に光沢が出て、労力にきちっと応えてくれるからうれしい!木と会話しながら焼いて磨く。新しい体験です。

 自然の素晴らしさを感じるひとときは気持ちが穏やかになれます。

木を塗る

木を塗る

 木に色を付けるのは、色々なものがあります。オイル柿渋等の天然素材からアクリル系の化学的なものまでさまざま。

 木にスプレーで吹き付けるのは簡単ですが、天然素材を手で塗り込むのは結構難しい。たとえば木に亜麻仁油を塗った時は、思っていたより乾燥に時間がかかりオイルむらができる。柿渋に至っては、木の種類にもよりますが色がつきにくい。木を塗るには、何度も気長に重ね塗りすること。手間をかけるほど仕上がりは最高!塗った木の綺麗な艶を見たら、苦労も忘れてしまうでしょう。

おが粉も木のうち

おが粉も木のうち

 おが粉と言うのは業界語なのか、地方での呼び名かは分からないが、おが屑より情緒がある。木を削った時に出る木クズですが、創るもののカタチによっていろんなおが粉ができる。おが粉は木が細かくなったものだから余計に木の香りがし、口広の容器に入れると芳香剤の役目を十分果たしてくれる。

 しかも、おが粉は木を細かく・薄くなったものだから染めることが比較的容易に出来る。優しく食物の色で染めて自然を楽しむのもいい。ターメリック:黄色 梅酢:ピンク紅茶:茶色とか。おが粉をキッチンで料理する感覚でお鍋で煮て染めるのは楽しい!

流木は自然のアート

流木は自然のアート

 にもにも流木はある。倒木が流れ着いたものだから。長い時間、水に揉まれて流れやっと打ち上げられたもの。だからいろんなカタチがある。まさに自然が創ったアートです。

 川と海では水の流れが違うから、流木のカタチも異なる。また、一つの木でも、幹・枝・根で全く違ったカタチのものになってくる。流木とひとまとめにするのは乱暴なようです。

 水の中に長くいたから光沢は全くない。これが流木の姿。柿渋を塗って綺麗な表情にするのもいい。鉄媒染をかけると黒になるし、カタチだけ流木で、全く異なったイメージで再生されます。

木作品