プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

ステンレスとの戦い

ステンレスを焼く

ステンレスを焼く

 ステンレスを焼くには一般的にはバーナーを使うが、思いどうりに簡単には出来ない。アルゴン・アセチレン・プラズマなどガスの違いでそれぞれステンレスの焼き色も異なる。

 素材はもちろんのこと焼く強さや速さ焼いた後オイル等を塗ることでも色は変化します。紫外線が一番強いアルゴンガスは溶接・溶断器だからダマが出来て面白い。しかし、溶接の道具として使っている技術者にとっては、ダマは好ましいものではないはずです。

ステンレスを磨く

ステンレスを磨く

 バフを使って磨くと、器械的だが綺麗な仕上がりになる。手動で器械で磨くと、技術的な問題で出来の善し悪しはできるが、比較的綺麗に仕上がる。

 一方、ナイロンタワシサンドペーパーで、手でコツコツと磨いていくと柔らか味が出る。どの程度磨くか、作品と話しながらできるのも楽しいが、時間と根気がいります。

 金属の持つクールさを求めるもの、冷たさの中にも暖かさが欲しいものと、表現するイメージで磨く方法も使い分けが必要になってきます。

鉄・ステンレスを切る

鉄・ステンレスを切る

 普通の鉄板を切るのは切断機を使うが、3cmもの厚さのものを切るのは機械では無理。アセチレン溶断機を使って手で切っていく。溶断機のパワーが鉄の厚さに対応できるかが問題になる。それに綺麗にカットするのはまだ簡単だけれど、ギザギザに切るのは鉄が切れていても切り離せない。キズをつけないように、木片で力一杯叩いて切り落とす。体力がないと出来ません。

 アルゴンは溶接・溶断機だから、切ることも出来るがダマが出来てしまう。ダマが必要な場合はアルゴンで、不要な場合はプラズマ、アセチレンで切ります。

ステンレスに火で描く

ステンレスに火で描く

 アルゴンガスで絵を描く感覚で焼いていく。なかなか思ったようにはいかない。空気に触れている時間のわずかの差で色が変わり、速度で線の太さも色も変わる。

 絵具のように書き直しはきかないから、途中でイメージ変更もしばしばおこります。焼き上がるにつれて鉄板がひずみ始める。この時、鉄は柔らかいのだと本当に思ってしまう。熱いうちに力を加えてイメージのカタチに直す。これも焼いてからの時間のタイミング。

 思うようにいったり、いかなかったり!火で描くのは難しいの一言です。

鉄は錆びる

鉄は錆びる

 鉄は空気に触れて湿気にあたると錆び始める。雨ざらしに置かれた鉄は上の写真のように手に茶色がつくような状態で錆びる。やがて鉄の原型もなくなるでしょう。

 錆びを防ぐには湿気にあたらないようにすること。オイルやラッカースプレーでを作るのも一つの方法。しかし錆びを完全に防ぐ事は、一般的なことでは無理のようですです。

 ステンレスは錆びにくいが、100%錆びないのではない。ニッケルの含有量によって、錆びの差はあるが、いずれにしても、湿気の少ない良い条件下に置くのが錆びささないこと。作品の場合は錆びて変化するのは望むところですが、生活の中では錆びは歓迎されることではないでしょう

鉄作品