プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

紙との戦い

手漉き和紙で型を創る

手漉き和紙で型を創る

 私の使う和紙は楮100%で、それをソーダー灰苛性ソーダの出来るだけ薄い液で煮たもの。だからとても強い。

 和紙を出来る限り厚くするために、溜め漉きを数回繰り返すので一般の和紙のイメージとは異なる。強固な和紙だから手で自由なカタチを創っても破れることはない。

 紙に型を入れて立体的に創ることも、自由自在にできる。型で創った和紙に柿渋を塗ると、より強固に固くなり、和紙には見えずに見えるよう。これも伝統の手漉き和紙の、新しいカタチの一つです。

手漉き和紙を染める

手漉き和紙を染める

 和紙を染めるのは、自然染料化学染料柿渋などがある。柿渋と墨は思いどうりに染められますが、自然染料はそうはいかない。濡れている時はとても綺麗なのに、乾くにつれて問題が出てくる。

 和紙が濡れている時と乾いた時の一般的な色の差は読めるのですが、分厚い楮の手漉き和紙の染めになると全く分からなくなります。しかも乾くにつれて汚れのような黒い筋状のものが出てきたり、黒っぽい汚れが部分的に出るなど、それに諦めず、根気よく優しく筆で水洗いを繰り返すことで消しますが、その分色が薄くなるので、また色を染めての繰り返しを数回。そして写真のような綺麗な色になることが多い。

 データーを作るには大変な作業。数年たった今でも、和紙の染めは原因不明な事が多いです。

手漉き和紙に描く

手漉き和紙に描く

 私の場合は手漉き和紙に描くと言っても、まず和紙をイメージに合った立体のカタチにし、それに染料で染め描きして作品を創っていく。

 分厚い表彰状サイズの手漉き和紙に一枚づつ型を創り、パーツとして組み合わせて作品を完成させることが多い。ユニットパターンの展開の手法です。

 手漉き和紙に水彩の筆でぼかしながら描いてゆくのは、普通に描くのとなんら変わりがない。ただ、立体になった時は、より原因不明の汚れの発生と色の濃さを考えなければなりません。平面立体では扱いとイメージが随分変わりますから。

紙作品