プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

マグネットとの戦い

ラバーマグネットを貼る

ラバーマグネットを貼る

 いろいろ種類があるマグネットの中で、一般的なのがラバーマグネット。ゴムの中に磁力を入れたもので、面で貼るのに適している。磁力は永遠らしいがゴムの劣化がマグネットの命につながるようです。

 マグネットを受ける相手がスティールなら、そのマグネットが持っている磁力はより強力になる。また、貼る物貼り方によって磁気の強度に差が出来ます。それは全てマグネット受けによるもので、接着面がフラットで面積が多いほど強力だから、ラバーマグネットは接着面をフラットにして使うのがポイントです。

マグネットで立てる

マグネットで立てる

 マグネットで立つ。マグネット受けと立てる素材によりますが、接着剤がいらないから汚れとも無関係。これぞマグネットの力です!

 マグネットで挟み込んでものを立てる、期間限定で立てるのに適したマグネットの使い方で、終わった後はマグネットを外すと何も残らない。作品をCDに焼いて残すだけです。

 全く同じカタチが残らない音楽のようなマグネットを使ったアートは、デジタルアナログの作品に適している今のアートだと思う。次の展開に挑むためにもカタチとして残さず、新たな作品を創る時代だと思います。

磁力を活かす

磁力を活かす

 いろいろ種類があるマグネット。

 適した使いをしてこそでマグネットは活きてきます。マグネットは磁力が強くても簡単に取り外しができるから、いろいろな展開が可能。マグネット受けスティールなら、磁力はより強烈になります。スティールとマグネットはまさに恋人と言えるでしょう。

 使い方もいろいろ。磁力の強いネオジを使うと、付けた鉄に磁力が伝わり、それにも鉄が付く。磁力の強さで科学実験的な展開も楽しめます。ただ単に、付けるだけが磁石ではなく、一般生活の中でも磁力の使い方で楽しい展開が簡単にできますから、是非「トライ」してほしい!

マグネット作品