プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

古布との戦い

古布を選択する

古布を選択する

 古布が少なくなったと言うが、まだ大正・昭和初期のものはよく目にする。明治になると少ないし、保存がよくないと古布はかなり弱っている。かなり古い古布になると縫い目の糸も脆くなり、本当に年月を感じてしまいます。

 いずれは消えてゆくもの。でもいろんな歴史を見てきたものと思うと愛おしくもなる。話したくなるような古布を選んで、過去に今をプラスして別の顔を創ってみる。

 もう一度新しい歴史の始まりを創る。これもアートです。

古布の表裏

古布の表裏

 古布の帯のの顔の違いに驚かされる。帯をデザインし、織った結果出来たものだが、帯の織りを知らない者には意外としか言いようがない。

 想像のつくものもあるが、全く違った顔を見ることが多い。全てがそうではないが、古い帯に多いようです。

 使われている表の糸の織り・色から裏を想像し、過去の遺跡を探すように‥‥。帯を作った人も裏まで考えていなかった意識外のものでしょうから、パーツの一つとして他の素材とコラボレーションしてみる。

 古布を新しい顔に生まれ変えるのは創作意欲をそそられます。

古布で創る

古布で創る

 古布は使われていたも。その頻度にもよるが歳月を経ているから新品のような強さはない。薄物になると部分的に糸がよっていたり、帯は折り目が弱っている。破れているものもあるし、古布は弱いものとして扱うのがいいでしょう。

 バックにしても実用的より、インテリアバックとして絵を掛ける感覚で使うのがお勧め。

 他の素材とコラボレーションすると全く新しいカタチで生まれ変わる。模様を活かすのも一つの方法。いろんな素材とのコラボレーションが考えられます。

古布作品