プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

柿渋との戦い

柿渋液

柿渋液

 渋柿を青いうちに搾った果汁を発酵させてできたものが柿渋液。
 1000年の歴史があり防水・防腐効果を利用して木・紙・布に塗る、染めると柿渋は昔から生活の知恵としてあらゆるシーンで使われてきました。

 いろいろ効能効果はありますが、柿渋のデータはファージなもの。しかし薬効効果を期待して飲用している人もいます。柿渋は自然の贈り物かもしれません。

柿渋液の臭い

 柿渋には独特のニオイがあります。ニオイのため制作する場所が限られますから、制作では大きなネックになります。無臭柿渋もありますが、分子構造も感覚的にも少し違いがあるようですから、ピュアーな柿渋と言えるかどうは疑問でしょう。

柿渋染め

柿渋はお陽様が染める

 柿渋の成分のポリフェノールに含まれる色素が太陽の光によって変化します。
 科学的に説明はつきますが、データをとるのは至難のワザ!陽の強さ・風・温度などで柿渋は千変万化に変化するから、自然に任せるところが大きい。

 布のシワの付け方・ネジリ方でいろいろな模様ができ、媒染剤で色も変わるから、イメージに合うまで徹底的に繰り返す。渋は手強いから妥協は禁物です。柿渋の媒染剤はソーダー灰・鉄・チタン・錫・銅。黄色から茶・黒の範囲で色変化をします。

柿渋で描く

柿渋で描く・書く

 抽象画を描く感覚で柿渋・媒染剤・脱色剤を水彩絵具のように使って描く。媒染剤は完全に乾いた後にかけるのと、半乾きでかけるのとタイミングで仕上りは変わります。文字を柿渋で書くのは、で書くのと同じように。
 違うのはその後に色が変わること。ピンクがかった色も時間経過と共に茶色に変化。を混ぜて書くのも自然な感じに仕上がります。

柿渋ジャム

柿渋を塗り込む

 柿渋液が出来る過程で出来てくる、ゲル状のものを布に塗り込める。油絵を描く要領でパレットナイフや木・石などでテクスチュアをつけながら塗り重ねる。石の上で塗り込めると石のテクスチュアが出てくるなど、いろいろなカタチができます。

 布は乾くと揉んで上にのっている渋を落とし、繰り替えし塗り込む。紙などをいっしょに塗り込めるのもいいが、時間が経つと剥がれることもあります。木に塗る時はまず薄く塗って、濃くしながら何度も繰り返す。

 布のようには入らないから容易ではありません。しかし時間をかけた分、艶のある仕上がりに。布でも木でも、渋を塗るのは気長にすることが基本です。

柿渋の固形

柿渋が固形に変身

 固形渋の出来るプロセスは、柿渋液の表面が空気に触れて酸化膜が形成され、それが成長して厚い膜となっていきます。これが内部の液を保護熟成させている自然の力です。空気に触れている部分は次第に固くなり、内部は弾力性のある膜となります。厚い膜を取り出し、全体を乾燥させたものが固形の柿渋です。

 全体は固いのに、部分になるとガラスのようにもろいもの。優しく扱うことが必須条件です。必要な部分を切り取ったり貼ったりし、オブジェを創る。色箔を貼ると華麗に変身します。

柿渋作品