プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

白土工房

白土作品  白土作品

 あらゆる素材をベースに漆喰・白土で創ります。
 木のベースには、漆喰で立体的に創ることもできますが、スタイロフォームや紙など、水を大量に使えないものには、白土か漆喰+白土を使います。 漆喰と白土。
 テイストの異る「白」で展開します。

白で描く

白土の濃淡で表現  白土の濃淡で表現

 天然素材の漆喰で表情を創ったベースに彩色し、その上に白土の濃淡で表現します。
 強い主張や秘めた力を白で表現するのが白土画。無彩色の白色と響き合いながら語りかけてきます。

漆喰でデフォルメする立体フォルム

 漆喰でデフォルメする立体フォルムは様々な表情をしています。
 そんなフォルムをベースに黒色から淡い桜色に変化するインクで描き、全体に白土を塗ります。色が欲しい部分の白土を消して誕生するのは、白と響き合う不思議な空間です。

カラフルな色を立体的にサポート

 カラフルな色を立体的にサポートするのが白土です。
 天然素材の白土の濃淡は、優しさを漂わせながら強い色彩にとけ込む。躍動感を得た色は、白土と一体になりパワフルに訴えます。

白土パネル
白土の使い方いろいろ

 白土の使い方いろいろ。
 白土は絵の具として描く塗るだけではなく、粘土のように盛り上げてカタチやテクスチャーを創ることが出来る優れものです。 漆喰と混ぜることも可能で、あらゆる場面で表現をサポートしてくれます。

消して描く

白土を消しながら描いて仕上げます

 白土を消しながら描いて仕上げます。
 白土は塗って乾いた後、水で簡単に消すことができるため消すことも描くことです。
消す=描くが同じウエイトをもっている水溶性の土絵の具です。

「白」の強力なメッセージ

 消して白の濃淡で描く世界から伝わって来るのは「白」の強力なメッセージ。主張をしない無彩色の白のパワーの偉大さの発見です。

ドイリー画

刺繍の絵画

 ひと針づつ縫うように白土をおいてゆく刺繍の絵画
無心に気持ちを集中して描く立体画です。白い○は筆ではなく指で絞り出して描きます。
そんなドイリー画からは、人の手の温もりが伝わってきます。

面を創る

 漆喰ベースに彩色した上に白土で何層にも塗り重ねて濃淡を付け、面を創っていきます。出来上がった面に○を絞り出して描き進み、息吹を吹き込みます。様々な表情で語るドイリー画の完成です。

白土の丸

 丸い皿の空間を自由に動き回る白土の○は、留まることなく飛び回ります。
 ベースの白は漆喰+白土。お皿のドイリー画は視覚に強く訴えます。表現方法に決まりはありません。個性的でユニークなドイリー画です。

白土で創った立体造形

 の手漉き和紙をベースに染料・白土で創った立体造形。
 はかな気に揺れている彩色された厚手の和紙に白土で描いた繊細なドイリー画。手漉き和紙と白土のコラボレーションです。

ユニット画

ユニットで創る

 ユニットで創りあげていきます。
 一つで完成、増えてもその時点で完成なのがユニット画です。終わり作家の想いで決まり、無限に成長する作品は生き物のようです。

 布キャンバスに、漆喰・白土・土絵の具の天然素材で創った作品のコンセプトは「繋がる」です。

ユニット画細胞分裂

 2種の大きさ・数種の造形で展開したユニット画細胞分裂のように繋がりながら作品が完成します。
 個々に強い主張はないのに、繋がることで個性とパワーが生まれてくるのがユニット画。分裂統合をどこまでするかは空間との話し合いです。

自然とコラボレーション

自然物と白土のコラボレーション 自然物と白土のコラボレーション

 様々な表情の自然物と白土のコラボレーションで思いがけない新しい顔が誕生します。天然素材の白土の使い方はいろいろ。白土はなんでも活性再生させます。

表現する素材

 自然のカタチで生きているもの枯れたもの。表現する素材はいろいろです。
 描くベースは紙やキャンバスとは限りません。視点を自由に解放しましょう。心が動いた物に造形するのが「なんでもアート」自然物と語らいながらの制作は、安らぎの癒しの時です。

表現する素材

デジタルとコラボレーション

白土とデジタルのコラボレーション

 伝統素材の漆喰・白土と写真データーの作品のコラボレーションで誕生する新しいカタチのアートです。
 伝統ITアナログデジタルと2分するのではなく、表裏とも言える2つを融合したカタチで創ります。新しい展開は無限です。

造形をパソコンで創る

 イメージをクリエイトした造形をパソコンで創ります。
そしてデジタル造形のイメージと融合する手創り作品を日本の伝統素材の漆喰で創り合体させます。
 ハードとソフトが融合した、新しい自然の造形です。

造形をパソコンで創る