プロフィールBlogお問い合わせ

福本和子のスローライフ工房

銅との戦い

銅で型を創る

銅で型を創る

 使っている銅板の厚さによるが、0.5mm以下の銅板だと柔らかいので簡単に思う型を付けることが出来る。

 ただ、柔らか過ぎて銅板にヘコミやシワが付きやすく、扱いに神経質にならざるをえないのが難点かもしれない。いろいろ手法はあるでしょうが銅板は柔らかいので、私はガラス棒で押し出して型を創る。自分の下絵に合わせて慎重に型を創り出す場合と、銅板を手で紙を扱うように楽しみながらフリーなカタチを創ったりと、私にとって銅板は紙と同じ。違うところは、銅板に付いたシワは取れないので扱いに慎重になることです。

銅を焼く

銅を焼く

 私の使っている銅は薄いから、バーナーで焼くのも、鉄を焼くようなハードなものではない。家庭用ボンベでサッと焼くだけ。料理に焼き色を付ける位に焼くと綺麗な赤~濃い黄色になる。しかし、少し焼きすぎると黒くなってしまうから、そのタイミングが難しい。

 焼いたのだから色止めをすることもないと思っていたが、これは間違い。錆びがくるから、今の色を保持しようと思うと、ラッカースプレー等で皮膜を作る必要がある。ところが、クリアーなラッカースプレーをかけても瞬時に色変化がおこりイメージが変わる。これからの研究課題です。

銅に硫黄で色をつける

銅に硫黄で色をつける

 銅は硫黄で反応して、いろんな色を出してくれる。しかし、そう簡単ではない!  硫黄の液の濃さと液がかかっている時間は大きく左右される。[ここ!]と思ったところで、すぐに水洗いして進行を止める。

 自然乾燥した後ラッカースプレーをかけて皮膜を作って色止めをする。簡単なようですが、なかなか思う色にはなってくれない。失敗したら金属タワシで色を落として、また硫黄の液をかける。イメージに合うまで繰り返す。思う色を一度で出せるのが私の今の課題です。

銅作品